精力増強方法!勃起力アップ!朝勃ち復活!ペニス硬く!

最近「朝勃ち」しない・・・。
年齢に左右されない精力増強、勃起力アップ、ペニス硬くする方法とは?

朝勃ちは男性の活力の象徴のようなところがあります。

そのため、男性は朝勃ちしなくなると、「俺ももう年だな」と思うようになります。

では、朝勃ちしなくなった状況から回復して、活力を取り戻す方法はあるのでしょうか。

ここでは、年齢に左右されない精力増強方法について見ていきます。

【朝勃ちしない原因は?】

結論から言いますと、朝勃ちしない原因は精力減退で、その多くは加齢によるものです。

しかし、ストレスなどの精神的要因から、若くても朝勃ちしないケースもあります。

男性ホルモンのテストステロンの減少や、血流悪化が原因となって男性機能が衰えた結果、朝勃ちしなくなります。

テストステロンの分泌は20代がピークで、あとは年齢とともに減少していきます。

そして、40代になるとピーク時の約半分まで分泌量が減ってしまいますから、精力が減退して朝勃ちしなくなるのは当然なのです。

もしこのテストステロンの減少に歯止めをかけなければ、男性更年期障害を起こしてうつ病などにかかるおそれもあります。

【朝勃ちは健康と精力増強のバロメータ】

朝勃ちしないということは勃起力が減退しているわけですから、セックスそのものも弱くなっているはずです。

これが単に加齢によるものならまだいいのですが、そうでない場合は勃起力減退の裏に、もっと怖い病気が隠れているおそれがあります。

勃起力が減退するのは、血管障害に原因があると言われています。

さまざまな要因で血管の柔軟さが失われ、血管壁が硬くなるために、ペニスに流れ込む血流量が減って勃起力が失われていきます。

血管壁が硬くなるのは、ペニスだけで起こるわけではありません。

ですから、血管壁に原因があって勃起しなくなったら、体全体の血管壁が同じ状態と考えるべきなのです。

血管壁が硬くなるために起こる病気に、心筋梗塞や脳梗塞、脳卒中などがあります。

これらは命に関わる恐ろしい病気ですが、かかっていてもわかりにくいのでさらに厄介です。

しかし、同じ血管壁に原因があって起こる勃起力低下は、本人やパートナーの女性がすぐに気がつくことができます。

ですから、朝勃ちしなくなったら「俺も年だな」と嘆くよりも、見えないところでもっと怖い病気が進行しているかもしれない、と考えるべきなのです。

【勃起力アップ、ペニスの硬さ回復の方法】

朝勃ち、ペニスの硬さ回復するようになるためには、血管の健康を回復する必要があります。

体全体の血管を改善するわけですから、心筋梗塞や脳梗塞のような重篤な病気の予防にもつながります。

ですから、朝勃ちを回復して精力を増強することは、単にセックスの強さを取り戻すだけではなく、もっと深く体全体の健康に関わることなのです。

再び朝勃ちするようになるためには、テストステロンの分泌量を増やす必要があります。

では、テストステロンを増やすには、どうすればいいのかを見ていきましょう。

【筋肉をつける】

健康を保つには適度な運動が大切であるとよく言われます。

運動は健康のためだけでなく、テストステロンを増やすためにも重要なのです。

スポーツ選手はテストステロンが多いから、セックスも強くなります。

これは多くの人が認識している事実です。

運動することが男性機能強化につながるのは間違いないのです。

ではどうして運動するとセックスが強くなるのかというと、それは筋肉をつけることでテストステロンが増えるからです。

テストステロンを増やすためといっても、それほど激しい運動をする必要はありません。

目的はテストステロンを増やすことですから、そのための運動は軽いもので十分なのです。

毎日ジョギングするだけでもいいですし、何かスポーツをやっていたなら、それを単独で行ってもいいでしょう。

たとえば、テニスをやっていた人なら、毎日ラケットを振ってもいいし、剣道なら素振りの練習でもいいでしょう。

空手やボクシングなら、突きや蹴り、パンチの練習も役に立ちます。

何をやったらいいか分からない人は、スクワットをおすすめします。

スクワットは場所も時間も関係なく、いつでもできるのでおすすめです。

スクワットは足腰の筋肉を鍛えますが、人体の中で筋肉の多くの部分が下半身に集中しているので、筋肉を増やすにはスクワットはおあつらえ向きなのです。

ここで運動をおすすめしているのは、筋肉をつけてテストステロンの分泌を促進するのが目的です。

そのためには、小さな筋肉より大きな筋肉を鍛えたほうが効果的です。

小さな筋肉を鍛えたところで、増える筋肉の量は大したことはありません。

しかし、大腿四頭筋のような大きな筋肉を鍛えると、増える筋肉の量も大きなものになりますからより効果的です。

スクワットはちょうど大腿四頭筋を中心とした下半身の筋肉を鍛えるのに打ってつけなのです。

運動はなるべく毎日、しかも長期間続けることが重要です。

たまにしかやらないのでは筋肉はつきませんし、テストステロンも増えません。

特にスクワットのような地味なトレーニングは、やっていても面白みもないので、「テストステロンを増やすために必要なのだ」という、強い信念がないと長続きしません。

そのため、テストステロンを増やすために運動しているということと、それが精力増強や勃起力アップにつながることを意識しながら行うことが大切です。

ここで注意したいことは、過度の運動は逆にテストステロンを減少させるということです。

中には、朝勃ちを取り戻そうとして、一心不乱に運動する人もいるかもしれません。

しかしそれは完全に逆効果です。

短時間の運動はテストステロンを増やすのに有効です。

しかし、運動しすぎて肉体が疲労すると、今度はテストステロンの分泌量が減ってしまいます。

ですから、運動は30分くらいで終わるようにしてください。

そのかわり、できるだけ毎日続けることが重要となります。

軽いジョギングだけでも、1か月も続けると明らかに体力が増してきたことが実感できるはずです。

体力増強はそのまま精力増強につながるのは言うまでもありません。

【サプリメントを飲む】

テストステロンを増やすには、規則的な生活と食生活の改善が重要だといわれています。

テストステロンは寝ている間に分泌される成長ホルモンによって、分泌量が大きく左右されます。

そのため、夜更かしをしたり睡眠不足が続くようであれば、テストステロンの分泌にも影響します。

また、健康な体を作るのに食生活が重要なことは言うまでもないでしょう。

栄養バランスの悪い食事をしていて健康な体を作れるはずもなく、不健康な体では勃起力アップや精力増強もおぼつきません。

しかし、食生活を改善するといっても、口で言うほと簡単ではありません。

食生活の改善が難しいなら、不足しがちな栄養素をサプリメントで補うこともできます。

もちろん、食生活を改善する努力をした上で足りない栄養素を補うわけですから、食生活は変えずにサプリメントで何とかしようというのは本末転倒です。

サプリメントにはいろんな種類がありますが、ここでは勃起力アップと精力増強が目的ですから、精力増強サプリを飲むのがおすすめです。

精力増強サプリの中には、テストステロンを増やすのに必要な成分がぎっしり詰まっているので、かなり効果的です。

【まとめ】

朝勃ちしないのは年齢のせいもありますが、ストレスなどが原因となって勃起しなくなるケースも増えています。

勃起力アップは、テストステロンの分泌を増やすことで改善できます。

テストステロンを増やすには適度な運動のほかに、規則正しい生活や食生活の改善が必要です。

食生活を改善するのは簡単ではありませんが、サプリメントを飲むことで不足する栄養を剃を補うことができます。

また、勃起力アップのためには、精力う増強サプリを飲むのが効果的です。